東広島市西条町のフォスター外語学院は、初心者と英語の苦手な方のための英会話教室。シャドウイング英会話と中学・高校生、社会人の英文法&英会話を中心に、幼児からシニアまで学べる英会話、英検・TOEIC/TOEFL対策、独語・中国語等のクラスをご用意しております。

中国語

中国語習得のメリット

中国の国際化

現在、中国語の話せる人材は各分野の企業で引く手あまたの状況です。しかし中国が脚光を浴びる状況は今に始まったことではありません。厳しい就職状況がつづく過去10年以上も前からそうなのですが、それが一般の日本の人達に認識されるには、かなりの時間が必要だったようです。

日本語から中国語へ

言語は使われている国の経済・軍事力、つまり国際社会での影響力に比例して、その比重を増す事実は歴史の示すところですが、近年の中国経済の台頭に伴い、欧米の国々やアジアでも日本語学習者の減少が見られました。諸外国の若者が外国語を選択する際に、どの外国語を学べばより有利であるかを考え、そして中国語を選択することはごく自然な流れでした。それは過去10年の中国への留学生数の伸び率を見れば一目瞭然です。

英語神話

一方、日本では明治の脱亜入欧政策から今日まで、英語が第一外国語として揺るぎない地位を誇っており、さらには第二外国語の必要性が極めて希薄であったこともあって、外国語といえば英語、就職といえば英語、留学といえば英語というように、全てが英語という考え方が極端に浸透しています。

しかし、英語に一極集中の現在の日本の状況では、英語ができるということだけでは、人に比べて特に素晴らしく、差別化できる能力であるという認識は薄れつつあります。つまり英語は必須、極論すれば、できなければ問題外、できることが当然であり、それは特筆すべき事柄ではないという状況になっています。

中国語の有利性

そのような英語神話に染まりきった日本に突然に訪れたのが、中国の驚異的な発展と国際経済の中での比重の増加です。これに伴い、事業を中国にシフトせざるを得ない分野を抱えた企業は、血眼で中国語の堪能な日本人、あるいは日本語の堪能な中国人を採用しています。また、逆に多くの中国企業が日本を大きな市場とみなして、日本でのビジネスを開始しています。そのような状況で、中国語のできる人は次々と自分の未来を拓く企業の中に活躍の場を獲得しています。

お気軽にお問い合わせください TEL 082-423-0583

PAGETOP