東広島市西条町のフォスター外語学院は、初心者と英語の苦手な方のための英会話教室。シャドウイング英会話と中学・高校生、社会人の英文法&英会話を中心に、幼児からシニアまで学べる英会話、英検・TOEIC/TOEFL対策、独語・中国語等のクラスをご用意しております。

会話は言葉ではなくイメージで!

会話は言葉ではなくイメージで!

外国語を短期間で上手に話せるようになるには、日本語の思考からどれだけ早く外国語の思考に切り替えることができるかということに尽きます。
英語でも中国語でも外国語にはそれぞれの思考方法があり、その思考方法に基づいて表現方法が異なります。
そうした場合、日本語の思考方法で外国語を話そうとすると、理解してもらえることはできても、その表現はあくまでも日本語のものであり、ネイティヴのものではありません。
例えば来訪の目的を尋ねる意味で、「今日はどういうご用件でお越しいただきましたか」と尋ねる場合、日本人は「Why did you come here today?」としがちですが、ネイティヴであれば「What brought you here today?」或いは「Can I help you?」と言うでしょう。これはその状況によって大きく変わってきますが、Whyを使った場合は相手の来訪を強く誰何する、あるいは非難の意味が入ってしまうのでこのような場合には使われません。
これは単なる一つの例ですが、私たちは異なったニュアンスを持つ英語を同じように使ってしまっている場合が多いです。
そのためには日本語の言葉に頼らず、イメージを描いてそれを外国語で説明すると的確な内容を伝えることができます。それにはセンテンスを暗唱することで対応できます。
それでは次にどのようにすれば暗唱できるかの説明です。

お気軽にお問い合わせください TEL 082-423-0583

PAGETOP