みなさんお久しぶりです。
ずいぶん留学日記を書いていませんでしたが、お元気でしょうか?
私は今年(2007年)の5月にアイオワ西大学(短大)を卒業し、3ヶ月ほど日本に帰国していました。
7月末にオハイオ州立大学に合格し、今はアメリカのオハイオ州にあるコロンバスという町で学士号を取るために勉強をしています。
ここでの専攻はEvolution&Ecologyで動物の進化の観点から環境問題をを考えていくものです。
ただ、今学期は教養課程のクラスと英語のクラスのみでメジャーのクラスは取っていません。
アフリカ文学、女性学、とESL (English as a Second Language) というクラスを取っていますが、どのクラスもとても楽しいです。
もちろん、一週間に1冊の本を読み、クラスの予習をし、クラスでは多少のディスカッションがあるなど、短大の時に比べて課題が多くなっています。
でも幸いなことにクラスメイトに恵まれ、本当に楽しんで授業に臨んでいます。ただ、キャンパスが広い(アメリカ最大のマンモス校)というのが欠点で教室移動が大変です。キャンパス内には無料のバスが走っているため、時々そのバスのお世話になります。とにかく広すぎて疲れます。
短大では寮に住んでいましたが四大ではオフキャンパスでの念願の一人暮らしを始めました。始めはものすごく寂しく、辛かったですが、今では自分の時間が作れる空間に落ち着きを感じています。
一人で暮らす分、アパート代の負担や責任が大きいですがその辺も勉強だと思って、頑張っていこうと思います。
学校外では毎週木曜日にホームチャーチで聖書の勉強をしています。
それが今では辛いことを乗り越える支えになってくれています。
そしてそこで知り合う友達はみ?んないい人で、助けになります。
まだ新しい生活をスタートさせたばかりですが同じアメリカでもアイオワとは違うことが多いというのに今は毎日驚いています。些細なことですが、アイオワでは誰も傘を持ち歩かず、「アメリカ人って傘をささないんだな?」って思っていましたが、その感覚で先日傘をささずに雨の中を歩いていたところ、オハイオではみんな当たり前のように傘をさして歩いていました。中には長靴をはいて完全防備の人も。アメリカ人ではなくアイオワ人があまり傘をささないんだなーということを学びました。どうやらここの週は天気が気分屋っぽいです。
この数週間での小さな冒険の一つに「バスに乗る」ということがありました。
アイオワではバスに乗る必要がなかったんですがまずうちの大学にはバスが一便も走っていませんでした。なのでこっちに来てバスに乗らないといけないと知った時には「どうやって乗るの?」という初歩的な質問でした。こちらでは前のドアから乗り、先にお金を払い、降りる時には窓に吊るしてある黄色い紐をひいて降車を知らせます。大分バスに乗るのにも慣れましたが、個人的にはあんまりバスは好きではないです。大学まではバスで10分弱なので少し救われていますが…。
こんな感じで不安な新生活をスタートさせていますがまた何かあったらこうやって留学日記でお知らせしたいと思います。
それではみなさんお元気で。

オハイオより
Leah