と、本当なら旅は昨日で終わりなのだが、私の場合そうはいかないのである。

 

 船が下関に着くまで三日かかる。私はもう一泊、船の中で過ごさなくてはならない。昨晩は眠れず、たぶん三時間くらいしか寝ていない。寒いのだ。

 

 朝、朝食を食べ、フォワードサロンのソファーに座って、映画のビデオと眼前の水平線を見ながら私はフィッツジェラルドの『グレートギャッツビー』を読んだ。二週間、一冊の本も読まなかったのは、思えばここ数年来無かったことである。

 

 お昼ごはんは売店のどん兵衛にした。とてもおいしかった。